内向型人間の時代

  • 2020.07.31 Friday
  • 11:59

内向型人間の時代 スーザン・ケイン 古草秀子訳

 

超ど級の内向型人間の私が早く出会うべき書籍でした。

 

または、内向的な性格の人が、個性である内向的な性格でも、あるがまま生きていて良いんだと、

 

心から勇気づけてくれる本でもあります。

 

才能をひけらかさないことが美徳であった日本において、

 

個人の才能を最大限に世の中に知らしめる西洋の気質が輸入され、

 

それが良しとされて来た近代、歪みを感じ、自分の性格を正さなければと思い

 

精神的に病んでしまった人がどれほどいたことか、想像に難くない。

 

やっと、日本の美徳が世界に認められて来たのかと思うと本当に嬉しい。

 

しかし、西洋の文化も東洋の文化も、陰と陽。

 

両方在ってそれで良し。

 

JUGEMテーマ:スピリチュアル

スポンサーサイト

  • 2020.08.12 Wednesday
  • 11:59
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする